【速報】インド 情報局 | 最新情報 口コミ情報

インド 情報局では、「インド」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 可能性 」 一覧

no image

インドはコロナ危機によって生じた機会を利用できる、アメリカは同行したい」

ワシントン米国の上級外交官が水曜日に言ったインドコロナウイルスの危機から生じる可能性を利用するために経済改革を行わなければならないということ …

no image

アマゾン、印小売りフューチャー・リテールへの直接出資検討-関係者

インド紙エコノミック・タイムズが7日に取引の可能性について伝えていた。 アマゾンとフューチャー・グループの担当者はコメントを控えた。 備考: アマゾンインドに …

no image

銀行部門の不良債権、新型コロナで倍増も

インドの銀行部門が抱える不良債権について、政府が新型コロナウイルスの影響で倍増する可能性があるとみていることが分かった。政府高官が明らかにした …

no image

コントラクトケータリング市場2020のグローバルな洞察とビジネスシナリオ-Compass Group、Sodoxo …

地域の面では、北米は米国で最大の市場シェアを持つ飽和市場になりましたが、APAC地域には、インドと日本の市場で大きな成長の可能性を伴う、より多くの …

no image

精巣が新型コロナウイルスの「隠れ家」に? 否定的な見解も

アメリカインドの研究者はこの結果、「精巣が新型ウイルスの隠れ家となり、免疫システムから逃れている可能性がある」と推測。仮説が事実なら、「精液に …

no image

ボーダフォンアイデア、親会社が資金注入か

英通信大手ボーダフォン・グループが、インド合弁のボーダフォン・アイデアに2億~2億2,500万米ドル(215億~242億円)を注入する可能性が浮上している。

no image

インドでピザ配達員が新型コロナに感染 配達先の70世帯以上が感染の可能性

インドのテレビ局NDTVは、消息筋を引用し、ピザの配達員(19)が新型コロナウイルス感染し、配達先の首都デリーの70世帯以上が感染した可能性があると …

no image

アメリカへのヒドロキシクロロキンの最初の出荷、アメリカはこのように感謝を表明しました

ワシントンインドからのヒドロキシクロロキン(HCQ)の貨物が米国(アメリカ)に土曜日に到着し、Kovidと呼ばれました-19は、治療の可能性がある薬剤と見なされ …

no image

インド洋高温で、この夏は豪雨多発か

新型コロナウイルスの収束が見通せないなか、まもなく大雨シーズン入りだ。インド洋熱帯域の海面水温は基準値より高く、この夏は雨が多くなる可能性がある。

no image

アジア株は上昇、ピークアウト期待の買い続く

また、インド政府は来週までに外出禁止措置を解除する可能性があるとの報道も好感されているもよう。 このニュースはみんかぶFXから転載しています。 配信元: …

no image

小売業界に危機感、物流停滞で在庫枯渇か

インドの小売業界の関係者らが、全土封鎖の影響で物流が滞り、在庫が枯渇する可能性があるとして、危機感を募らせている。ファイナンシャル・エクスプレス( …

no image

指示無視して説教続けたインドの導師、スーパースプレッダーに 1万5千人が隔離下

【ニューデリーAFP=時事】インド北部で、新型コロナウイルス感染したシーク教の指導者が死亡し、この指導者によってウイルス感染させられた可能性のある …

no image

インド食品-飲料市場レポート2020

グローバルインドの食品および飲料レポート2020は、市場の範囲、構造、可能性、バリエーション、および財務の影響の広範な分析を提示します。 報告書はまた、 …

no image

新型肺炎の次の感染拡大地域はインドの可能性大

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(大流行)が中国大陸を越えヨーロッパにその猛威をふるっている中、次の感染拡大地域はインドである可能性が高いと …

no image

ベネズエラ産原油、インド荷主 輸入削減へ。制裁リスク、手控え加速も

南米ベネズエラ産原油の輸出が一層減退する可能性があるようだ。海外報道によると、ベネズエラ国営石油会社PDVSAの主要顧客であるインドの用者(荷主) …

no image

中国「イナゴ襲来」大飢饉ピンチ 新型コロナとのWショック

仰天の3600億匹のイナゴが、アフリカ東部から中東、インドを経て、中国に侵入する可能性があると国連の専門機関が警告したのだ。襲われた地域は壊滅的 …

no image

太陽光発電事業3GW相当、新型肺炎で影響

インドの格付け会社クリシルは、約3ギガワット(GW、1GW=100万キロワット)相当の太陽光発電事業が期日までに商業運転を開始できない可能性があるとの …

no image

認証制度でなくせ 茶畑の排水溝に落ちる子ゾウ

朝飲んでいる紅茶が、アジアのゾウを危険にさらしている可能性があると聞けば、たいていの人が驚くことと思う。インド北東部のアッサム州にある香り高い茶葉を …

no image

テイクオフ:携帯電話の盗難がインド

携帯電話の盗難がインドで大きな問題になっている。生活になくてはならないアイテムだが、一度なくしたら手元に戻ってくる可能性はきわめて低い。 政府はこの …

no image

ヤンマーと、機械の遠隔管理システム「スマートアシスト」をインドに展開

インドは、恒常的ローミングが規制される可能性があり、インド国内で使用する通信デバイスの認証取得が必要な国です。そのため、あらゆるモノがネットワークで …