インド | KURAGE online

インド | KURAGE online

「 インド洋 」 の情報 

外国人労働者はいま

乗組員はすべてインド人だ。日本の舶が国際的な問題を引き起こした事故といえば、インド洋のモーリシャス沖で起きた貨物の重油流出事故を

日中が奪い合ったバングラデシュの“重要陣地”

インド洋周辺国に積極投資する中国. 日米豪印の枠組み「クアッド」が中国牽制に動き、ミャンマーでは政変が起きるなど、インド洋にさざ波が立ち

インド、要衝の島に日本の援助受け入れへ 中国を警戒

アンダマン・ニコバル諸島は、マラッカ海峡からインド洋に至る玄関口となる要衝。中国の海洋戦略にとってもマラッカ海峡は海上貿易の生命線で、

ワクチンより薬草 マダガスカル大統領

【アンタナナリボAFP時事】東アフリカ沖のインド洋の島国マダガスカルのラジョエリナ大統領は、新型コロナウイルス対策について「個人的には

変容する同盟―日米同盟(2)【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

インド洋における補給支援活動やソマリア沖海賊対処活動は、それぞれ特別措置法を制定、日本独自の事業として行われている。現地において米軍と

変容する同盟—日米同盟(1)【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

インド洋における補給支援活動やソマリア沖における海賊対処活動等、自衛隊の活動はグローバル化した。更には、周辺国の軍の近代化や軍事活動の

政府 モーリシャスに6億円を無償拠出 重油流出事故受け

去年、インド洋の島国、モーリシャスの沖合で日本企業がチャーターしたが座礁して大量の重油が流出した事故を受けて、政府は、周辺を航行する

大航海時代、コロンブスが「これを持っていれば天国に行ける」と豪語したモノとは

大航海時代とは、十五~十七世紀にかけて、ヨーロッパ人が航海・探検によってインド洋や大西洋地域へ乗り出した時代だ。ポルトガルとスペイン

RIETI - ミャンマー軍クーデター、アジアで高まる地政学リスク…インド・中国、代理戦争の懸念

ミャンマーは中国南部からインド洋に抜ける位置にあることから、地政学上の要衝である。「中国の台頭」を念頭に日本、米国、豪州、インドなどが

ワクチン外交にインドも参戦、先行する中国と火花

【ニューデリー】インド洋に浮かぶ島国セーシェルに先月、インド海軍の飛行機が降り立つと、駐機場で外相ら閣僚がその貴重な貨物を出迎えた。

Copyright© インド | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.